助成について(ハンセン病対策) Grants - Hansen's Disease/Leprosy

We are sorry, this page has not been translated yet.

現在、ハンセン病関連プロジェクトへの助成受付は行なっておりません。
2020年度の助成申請については、2019年9月ごろから受付を始める予定です。

申請受付期間

4月開始プロジェクト:10月22日から12月15日(終了)
7月開始プロジェクト:1月1日から3月15日(終了)
10月開始プロジェクト:4月1日から6月15日(終了)

募集要項

1. 応募資格

非営利団体(教育機関、研究機関を含む)
*個人、または営利団体からの申請は受け付けていません。

2. 助成分野、期間、予算

当財団では、以下の3つの分野のハンセン病対策プロジェクトへの助成を行っています。

(1)ハンセン病制圧

ハンセン病制圧

期間:3年まで
予算:年間最大30,000ドル
助成実績:ネパールハンセン病制圧キャンペーン等

(2)ハンセン病歴史保存

ハンセン病歴史保存

期間:3年まで
予算:年間最大30,000ドル
助成実績:東南アジア地域ハンセン病歴史調査
中国、マレーシアオーラルヒストリー保存
ルーマニアドキュメンタリー映画制作
スペイン、フィリピン、ポルトガル歴史保存

(3)ハンセン病患者・回復者の自立支援
(ハンセン病患者・回復者自身のハンセン病医療・社会サービスへの参加強化を含む)

A.

ハンセン病患者・回復者の自立支援

ハンセン病当事者団体運営支援
*管理費及びプロジェクト費を支援
*建物、自動車、オートバイ等の取得は対象外
*コンピューター、コピー機などの事務機器の購入は応相談


期間:2年まで
予算:年間最大50,000ドル
助成実績:インドネシア、中国、フィリピン、インド、エチオピア、コロンビアの回復者団体

B.

プロジェクト支援

プロジェクト支援
ハンセン病患者・回復者の自立支援活動


助成期間:3年まで
予算:年間最大25,000ドル
助成実績:エチオピア、ガーナ啓発キャンペーン
エチオピア飲料水供給プロジェクト
バングラデシュ、ネパール栄養教育プロジェクト
ベトナム、中国リハビリテーションプログラム
インドネシアエンパワメントプログラム
フィリピン、中国の社会経済的リハビリテーションプログラム

C.

相互協力支援(南南協力支援)

相互協力支援(南南協力支援)
ハンセン病回復者団体間のワークショップや、会議、フィールド訪問など、相互協力を促進する活動


助成期間:1年まで
予算:年間最大US$10,000
助成実績:なし(新規採用)

D.

ハンセン病患者のエンパワメント

次世代支援
若い世代のハンセン病問題当事者支援活動、または若い世代によって実施される支援活動


助成期間:1年まで
予算:年間最大US$10,000
助成実績:中国、インド、インドネシアワークキャンプ
教育支援(初等、中等、高等、職業訓練等)
ミャンマー学校建設

3. 注意事項

  • 当財団の会計年度は4月1日から3月31日までとなります。
  • プロジェクトは、原則として4月、7月または10月に開始し、開始時期に関わらず3月に終了することとします。
    例)7月開始、6月終了プロジェクト(プロジェクト期間は1年)は、1年目:7月から3月、2年目:4月から6月の2年プロジェクトとして扱われます。
  • 複数年プロジェクトの会計も毎年3月に決算が必要です。
  • 助成金の残金を翌会計年度に繰り越すことはできません。
  • 原則として、管理費はプロジェクト費の10%までとします。
  • より多くの団体を支援するため、原則として、1つの団体は1度に1つの助成分野のみへの応募が可能です。
  • 当財団より、助成金申請を依頼する場合があります。

4. 応募方法

以下のリンクのプレ審査申請フォームからご応募ください。
プレ審査通過となった申請のみ、30日以内に本申請依頼のご連絡をいたします。
一度、却下された申請の再申請はお控えください。
申請フォーム:https://forms.gle/ZhEbeNoAofAfmvg77

助成に関するお問い合わせ

公益財団法人 笹川保健財団
〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル5階
TEL:03-6229-5377
FAX:03-6229-5388

お問い合わせ

ハンセン病・助成に関する記事

関連する記事がまだありません。

関連する記事がまだありません。

過去の活動

関連する記事がまだありません。

関連する記事がまだありません。

  1. HOME
  2. ハンセン病
  3. 助成について(ハンセン病対策)