MORHAN

Movement for the Reintegration of Persons Affected by Hansen’s Disease

国: ブラジル
設立:1981年6月
メンバー数:2,460名 (女性1,653名 / 男性808名)
代表者:Mr. Artur Custodio Moreira de Sousa, National Coordinator
Facebook: https://www.facebook.com/Morhan.Nacional/
Website: http://www.morhan.org.br/ 

Vision & Mission

ハンセン病が社会的に理解され、差別や偏見が最小限に抑えられるようにし、患者が必要かつ人道的な治療を受けられるようにすること。また、ハンセン病患者やその家族、地域社会に力を与えるための活動を推進し、政府、非政府組織、市民社会と協力して、ハンセン病患者の社会参加を促進します。
MORHANのビジョンは、ハンセン病に関する情報を提供し、ハンセン病患者・回復者を支援することであり、ブラジルがハンセン病患者・回復者の人権を尊重した治療の基準となることを目指す。

Main activities

  • あらゆるメディアを通じて、患者、家族、コミュニティの権利、義務、教育、意識を擁護、明確化、開示するための教育作品を開発する。
  • ハンセン病とその対策に焦点を当てた、一般の医療専門家や住民向けの教材や情報の提供、およびこの目的のための双方向のコミュニケーションチャネルの強化。
  • 健康協議会への参加を通じて、予防、診断、治療、リハビリテーション、情報提供、啓発、教育に関する適切なプログラムの作成、効果的な公衆衛生政策の確立、ハンセン病患者に対する適正で人間的なケアに貢献すること。
  • 必要に応じて、管轄機関と協力して、ハンセン病患者を効果的に支援し、社会的・経済的に幸福にするための法律の制定を支援することを表明する。
  • ハンセン病管理の資格を有する皮膚科病院や保健所での、保健・社会サービス分野の学生や専門家の研修を促進する。
  • ハンセン病患者にサービスを提供するために、技術的・物質的な設備を備えた障害者予防センターを国内に分散して設立し、他の障害者にもこのサービスを拡大することを奨励する。
  • ハンセン病が多く発生している州を中心に、全国にボランティアセンターを拡大すること。
  • ハンセン病患者(治療中、治療後)や地域の人々が、ハンセン病を知らない患者に接触し、個人的にも社会的にも促進するために、ボランティアを活用することを奨励しています。専門家の指導のもと、これらのボランティアは患者を発見し、適切に保健所に紹介することができる。
  • ハンセン病患者とその家族の記憶の権利を守るために、旧植民地や予防施設の遺産を保存し、ハンセン病や関連する公共政策、患者の物語を伝えるための博物館を作る活動。