APAL

Association of People Affected by Leprosy

国: インド
設立:2013年11月
メンバー数:15,000名 (784 コロニー)
代表者:Mr. Vagavathali Narsappa, President 
Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100009011271167
Website: http://www.apalindia.in/
Twitter: @ APAL India
Instagram: apalindia

Vision & Mission

ハンセン病患者・回復者の生活における尊敬と尊厳を促進し、彼らが尊厳を持って生きがいのある生活を送れるように協力すること。
インドのハンセン病患者や身体障害者の社会的・経済的状況を向上させるために、政府機関や国際機関と連携すること。
ハンセン病、一般的な健康、環境に関する教育を地域社会に提供すること。

Main activities

  • コロニーリーダーとハンセン病患者・回復者を対象とした草の根レベルのプログラム
  • コロニー間のネットワーク構築
  • 州内で効果的に活動するための州リーダーとコロニーメンバーのチームの強化
  • 女性と若者のエンパワーメントワークショップ
  • 州のリーダー、コロニーメンバー、青少年のための能力開発トレーニングプログラム
  • ハンセン病患者・回復者の人権問題
  • 政府、WHO、NGO、国内・国際機関と協力して、ハンセン病患者・回復者の社会参加を促進する。
  • ハンセン病患者・回復者の子どもたちへの職業訓練、高等教育、コーチングのためのSILFとの連携
  • ハンセン病、RPWD法、COVID-19の注意事項についての啓発活動
  • ハンセン病患者・回復者とその家族が、社会の中で尊厳を持って生活できる機会を提供することを目的としています。