WHO笹川健康賞Sasakawa Health Prize

WHO笹川健康賞とは

笹川健康賞は、世界の人々の健康増進のためのプログラムやプライマリ・ヘルスケアにおいて顕著な貢献のあった個人、または非政府団体等を対象として顕彰するものであり、今後の活動の発展を奨励することを目的としている。
(WHO笹川健康賞規程第4条より引用)

世界の人々に健康を

WHO笹川健康賞は、1984年、当時の事務局長ハーフダン・マーラー博士と日本財団会長笹川良一氏の間で、「世界の人々に健康を」というWHO(世界保健機関)の掲げる目標を達成するために創設されました。世界には、今なお、健康によってもたらされる豊かな生活を享受することなく、困難な暮らしを余儀なくされている人々が数多くいます。過去の受賞者たちは、ユニークで革新的な方法によって住民の意欲を高めていくと共に、プライマリ・ヘルスケアの活動を通して、人々の健康増進に貢献しています。受賞者は、WHOの執行理事を中心に、笹川健康賞選考委員会において選考され、執行理事会での議決を経て決定されます。笹川健康賞授与式は、毎年5月WHO本部(スイス)にて開催される世界保健総会の席で行われ、受賞者には、賞金と記念のトロフィーが手渡されます(賞金総額10万ドル/年を限度とする)。1985年から2019年までに27団体と31名の個人が受賞しています。

コロンビア:ダビド・エスコバル博士の活動(第1回WHO笹川健康賞受賞者)保健衛生教育、保健思想の普及とプライマリ・ヘルスケアの発展に寄与した。特に、農村地域の自動の口腔衛生や眼科ケアの向上に導いた。

WHO笹川健康賞 受賞者

年度氏名国籍(活動国)
ダビド・ベルシュ・エスコバル
Dr.David Bersh Escobar
コロンビア
ヘズース・C・アズーリン
Dr.Jesus C.Azurin
フィリピン
1985SEWA-Rural(教育・福祉・行動のための委員会・農村部門)
SEWA-Rural
インド
アモーン・ノンダスタ
Dr.Amorn Nondasuta
タイ
ルシル・T・コルテイ
Dr.Lucille Teasdale Corti
カナダ(ウガンダ)
ピエトロ・コルテイ
Dr.Pietro Corti
イタリア=ウガンダ(ウガンダ)
1986アヤダウ郡国民健康計画委員会
Ayadaw Township People’s Health Plan Committee
ビルマ
1987マリー・ジョーン・ウインチ
Sister Marie Joan Winch
オーストラリア
インドネシア家族福祉運動
National Family Welfare Movement(PKK)
インドネシア
1988クリスチャン・オーランシュ
Dr.Christian Aurenche
フランス(カメルーン)
1989牛 東平Dr.Niu Dongpin中国
フィオレツオ・アンジェリーニ
Dr.Fiorenzo Angelini
バチカン
B.N.タンドン
Dr.B.N.Tandon
インド
1990ビアンクーリ保健センター
Biankouri Health Center
トーゴ
開発と保健/プライマリヘルスケアのための地域センター
CREDESA
ベニン
ヴロワイ保健委員会
Volowai Health Committee
フィジー
エドガー・レイ・サナブリア
Dr.Edgar Rey Sanabria
コロンビア
1991エクトール・マルチネス・ゴメス
Dr.Hector Martinez Gomez
コロンビア
ハンドヨ・チャンドラスクマ
Dr.Handoyo Tjandrakusuma
インドネシア
カナダ公衆衛生協会
Canadian Public Health Association(CPHA)
カナダ
バダラ・サムブ
Mr.Badara Samb
セネガル
1992ブリジット・ジロー
Mrs.Brigitte Girault
セネガル
アルパナ・リサーチ&チャリテイ・トラスト
Arpana Research and Charities Trust
インド
オラダポ・アラビ・ラデイポ
Prof.Oladapo Alabi Ladipo
ナイジェリア
1993グレース・イブン・デラノ
Mrs.Grace Ebun Delano
ナイジェリア
1994キム・モ イム
Dr.Mo-Im Kim
韓国
レ キン ズエ
Prof.Le Kinh Due
ベトナム
1995ザビエル トレス・ゴイテイア
Dr.Javier Torres-Goitia
ボリビア
アンジェロ・ゲラルデイ
Dr.Angelo Gherardi
チャド
1996保健教育協会
Society for Health Education
モルデイヴ
1997モンガー保健サービス開発プロジェクト
Mongar Health Services Development Project
ブータン
ゴンダル医科大学
Gondar College of Medical Sciences
エチオピア
A.A.Q.アル・ガッサーニ
Dr.A.A.Q.Al-Ghassani
オマーン
1998R.モクガントショ・マジブコ
Mrs.R.Mokgantsho Mazibuko
南アフリカ
ホアン・ギレルモ・オルテイス・ギエール
Dr.Juan Guillermo Ortiz Guier
コスタリカ
1999都市プライマリ・ヘルスケア協会
Institute of Urban Primary Health Care
南アフリカ
オヴィーモ・オトウ・オヴァドウジェ
Dr.Oviemo Otu Ovadje
ナイジェリア
ヨアブ・ホーン
Dr.Yoav Horn
イスラエル
2000家族計画協会
The Family Planning Association(PLAFAM)
ベネズエラ
2001ジョアン アプリージオ グエラ デ アルメイダ
Dr João Aprigio Guerra de Almeida
ブラジル
2002貧困女性歯科支援プログラム
Programa Nacional de Atencion Odontologica Integral para Mujeres Trabajadoras de Escasos Recursos
チリ
イエメンハンセン病制圧協会
Yemen Leprosy Elimination Society
イエメン
2003 保健省健康開発センター(東ビサヤス)
Deaprtment of Helath Center for Health Development-Eastern Visayas
フィリピン
2004スリランカ家族計画協会
The Family Planning Association of Sri Lanka
スリランカ
2005農民のための環境保健教育訓練センター
Centre for Training and Education in Ecology and Health for Peasants
メキシコ
国際ハンセン病連合
International Leprosy Union(ILU)
インド
2006アガペー地域保健プログラム
Agape Rural Health Programme
フィリピン
2007ホセ・アントニオ・ソクラテス
Dr. Jose Antonio Socrates
フィリピン
2008ハンセン病回復者社会復帰運動(モーハン)
MORHAN(Movimento de Reintegracao das Pessoas Atingiads pela Hanseniase:ハンセン病回復者社会復帰運動)
ブラジル
2009アマル・アブドゥラマン・AL・ジョーダー
Dr.Amal Abdurrahman AL Jowder
バーレーン
2010杜 雪平
Dr.Xueping Du
中国
マリアの小さな家族協会
Fraternidad Pequena Familia de Maria -Albergue de Maria
パナマ
2011エヴァ・シラッカ
Dr. Eva Siracka
スロバキア
2012シャムシ・ドゥーハ財団
Syamsi Dhuha Foundation
インドネシア
2013パク・ノヤイ
Professor No-Yai Park
韓国
2014フベルト・ボガエルト・ディアス博士記念ハンセン病コントロール財団/ドミニカ皮膚科研究所
Leprosy Control Foundation Dominican Dermatology and Skin Surgery Institute named for Dr. Hubert Bogaert Diaz
ドミニカ共和国
2015チャイルドバースウィズディグニティ財団
Childbirth with Dignity Foundation
ポーランド
2016スペイン国際NGO
Federation of Medicus Mundi Spain
スペイン
2017アルスラン・リンチン
Dr. Arslan Rinchin
モンゴル
2018プロパリアティブケア財団
Pro Palliative Care Unit Foundation
コスタリカ
ジュディス・ンドンゴ・エンボラ・トリミロ
Prof. Judith Ndongo Embola Torimiro
カメルーン
2019エウゼビオ・クイスペ・ロドリゲス
Mr. Eusebio Quispe Rodriguez
ペルー