インフォメーションInformation

NTDs (顧みられない熱帯病) キャンペーンを支援

笹川保健財団は、2021年9月28日より、英国Media Planet社が実施するNTDs(顧みられない熱帯病)キャンペーンを支援しています。

ガーディアンの紙面、およびウェブサイト (Global Cause)にて、WHOの2030年に向けたロードマップを確実に達成するために何が必要か、イノベーションの役割、どのような新しいツールが利用可能か、NTDsへの投資がもたらす大きな経済効果などを取り上げ、世界保健機構、米国疾病予防管理センター、Uniting to Combat NTDs、世界銀行、スイス熱帯公衆衛生研究所、ビル & メリンダ・ゲイツ財団、国際製薬団体連合会(IFPMA)からの洞察に満ちた内容が紹介されています。

笹川陽平WHOハンセン病制圧大使も、ハンセン病問題について、また、コロナ禍にあってもハンセン病対策を後退させてはいけないと訴え、笹川ハンセン病イニシアチブが実施している”Don’t forget leprosy”キャンペーンを紹介しています。