インフォメーションInformation

日本財団ジャーナルに掲載されました~ネスレ日本による在宅看護センターへの支援~

日本財団のウエブメディアの一つ「日本財団ジャーナル」に、当財団会長・喜多と、3名の日本財団在宅看護センター管理者の取材が掲載されました。

長引くコロナ禍。全国の訪問看護ステーションでは、利用者と家族の命・生活を守るため、感染対策を徹底しながら通常通りのサービスを継続しています。

第4波が落ち着いてきた2021年5月頃、ネスレ日本株式会社から日本財団へ寄付された資金をもとに、当時110事業所あった「日本財団在宅看護センター」へ感染対策に有効な医療機器や消耗資材の配布をします!とのお申し出があって実現した本プロジェクト。本支援の意義とコロナ禍で感じている課題等を取材していただきました。
ぜひご覧ください。

取材時の様子