インフォメーションInformation

新規フェローの意気込みをご紹介 

2022年度第2回目の審査を経て21名となったSasakawa看護フェロー。先日、新たにフェローの仲間入りを果たした4名に対し、オリエンテーションを行いました。

これまでオンラインで実施してきたオリエンテーションですが、今回は初めて、全員財団事務所に集まっていただき、対面で、日本財団と当財団が共同で「Sasakawa看護フェロー」事業を立ち上げたねらい、フェローとして彼らに期待することなどをお話しし、フェロー認定通知書と課題図書などをお渡ししました。

また、日本財団の笹川会長にもご挨拶の機会をいただくことができました。

当財団会長・喜多から、今後の心得をお話しました
日本財団笹川会長(中央左)と

Sasakawa看護フェローでは、フェロー活動として今月講義を2回(うち1回は10/11に実施済み)、来月は宿泊研修を予定しており、4名は早速フェローの一員として活動を開始します。

彼らがフェローコミュニティに対して発信してくれた意気込みをそれぞれご紹介します。

今後、彼らの具体的な活動内容についてもレポートしていきます。