インフォメーションInformation

Global Appeal 2022 特設サイト開設(英語)

グローバル・アピールとは、笹川陽平WHOハンセン病制圧大使の主導により、2006年より毎年世界ハンセン病の日(1月最終日曜日)に合わせて、ハンセン病差別撤廃のために行ってきたもので、幅広い分野の世界的に影響力のある個人や組織の賛同を得て開催してきました。

第17回目となる2022年は、特設ウェブサイト上にて、世界でフィランソロピー活動を実践する財団と共に、歴史上多くの差別と直面し続け、コロナ禍においてさらに厳しい状況におかれているハンセン病当事者への差別撤廃を呼びかけ、メッセージを広めます。

ハンセン病差別撤廃を訴えるグローバル・アピール特設ウェブサイトはこちら