インフォメーションInformation

<終了しました>「第22回ハンセン病問題に関するシンポジウム~人権フォーラム2023」開催のお知らせ

本シンポジウムは終了いたしました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

ハンセン病問題に対する偏見・差別を解消し、ハンセン病回復者ならびにそのご家族の名誉回復を図るため、ハンセン病問題に対する正しい知識の普及啓発を行うために「ハンセン病問題に関するシンポジウム」を開催します。(主催:厚生労働省、法務省、文部科学省、全国人権擁護委員連合会、運営事務局:笹川保健財団)

本年度はオンラインで開催し、第1部「高校生によるハンセン病回復者とご家族への聞き書き」プログラムにおいては3校10名の高校生が、ハンセン病回復者とご家族へ取材した内容を発表します。また「話し手」となった回復者とご家族が登壇され、高校生から取材を受けた感想等をお話しいただきます。第2部においては、過去2回の「聞き書き」プログラムに参加した高校生による、その後の活動について発表します。ハンセン病回復者とご家族から初めて直接お話を聞き、「聞き書き」作品の作成を通して、その後の彼らの人生観や活動にどのような変化があったか、お話しいただきます。第3部では、2022年5月にリニューアルオープンした国立療養所菊池恵楓園歴史資料館からライブ配信を行います。菊池恵楓園歴史資料館学芸員に、リニューアルされた資料館のポイントについて、解説いただきます。

参加には事前登録(ZOOMウェビナー登録)(参加費無料)が必要です。皆さまのお申し込みをお待ちしております。

●日時:2023年1月15日(日)13時~16時30分

▼お申し込みはこちらから▼
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_F9BBRKJaTtO9UoVWBa21gQ

▼詳しいプログラム内容は、こちらのシンポジウムチラシをご覧ください▼

「第22回ハンセン病問題に関するシンポジウム~人権フォーラム2023」(PDF)

▼お問い合わせ先▼
国立ハンセン病資料館内 ハンセン病シンポジウム事務局
電話:042-396-2909 (火~日 9:00-17:00)
メール: info@nhdm.jp