活動レポート Activity Report

We are sorry, this page has not been translated yet.

世界のハンセン病回復者団体のモデルに!回復者団体の本部ビル建設プロジェクト~2019年度活動報告④

2020世界ハンセン病の日のテレビ取材がビル建設現場で行われました

エチオピアはアフリカの角(Horn of Africa)と呼ばれるアフリカ大陸の東部に位置し、およそ3000年以上にわたり独立を維持するアフリカ最古の独立国と言われています。近年はアフリカ連合の本部が置かれるなど、政治・経済の中心地として急速に発展しています。

 

エチオピアは2000年に国レベルでのハンセン病の制圧を達成しましたが、いまだ毎年3,000~4,000名の新たな患者が確認されています。また、ハンセン病患者、回復者およびその家族に対する偏見・差別は根強く残っており、これからも継続してハンセン病問題に取り組む必要があります。

 

エチオピアにおいて、ハンセン病問題の解決に向けて中心的な役割を果たしているのが、エチオピアハンセン病回復者協会(ENAPAL)です。ENAPALは、1996年に設立されて以来、ハンセン病患者、回復者およびその家族が、適切な医療や社会サービスを受けることができるようになるために、保健省や労働社会問題省をはじめとする様々な機関と協力して問題の解決に取り組んできました。現在ENAPALは、ハンセン病が蔓延する7州を中心に20,000人を超えるメンバーを擁し、当財団は2001年よりENAPALを支援しています。

 

2017年、ENAPALは長年の交渉を経て、政府から土地の無償譲渡を受けることになりました。ENAPALはこの土地に5階建ての本部ビルを建設し、完成後はそれを自分たちのオフィスとして活用するだけではなく、余ったスペースや併設する会議場を貸し出すことによって、組織の運営費を捻出することを計画しています。このビジネスモデルが成功すれば、ENAPALの財政が持続的に安定することが期待されます。 

 

当財団はENAPALによる本部ビル建設事業は、世界のハンセン病回復者団体にとって、組織の資金基盤を強化するうえで、モデルの一つになることが期待されると判断し、2019年より支援を開始しました。現在、本部ビルは2021年に完成することが見込まれています。

 

ENAPALの事務局長テスファエさんは、「これまで偏見・差別に苦しんできたハンセン病患者・回復者の皆さんにとって、日々進む工事が、大きな誇りと未来への希望となっていると」と述べています。当財団は、本事業がENAPALの新たな門出とその先に広がる新しい未来に貢献できるよう努力していく所存です。

 

5階建てのビルの形が見えてきました

 

  1. HOME
  2. インフォメーション
  3. 世界のハンセン病回復者団体のモデルに!回復者団体の本部ビル建設プロジェクト~2019年度活動報告④