地域保健 Community Health

We are sorry, this page has not been translated yet.

あらゆる病に向き合うすべての人々の“Quality of Life”(生活の質、人生の質と人々の尊厳)の向上を目指し、ホスピス緩和ケア推進のための研究助成、人材育成、ホスピス緩和ケアに携わる医師や看護師のネットワーク支援、さらに市民に対する周知・啓発を中心としたプログラムを1998年より行っています。
2014年からは、高齢化が著しい日本社会において、地域の保健・医療を担う看護師を育成する「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業も開始しました。

Ⅰ「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業

看護師が社会を変える!

在宅看護センターを起業する看護師の育成研修と起業の支援を行うプログラムです。
8ヶ月の研修を通し、起業家・管理者としての知識だけでなく、覚悟・責任感・マインドを養い、研修修了後1年以内の起業を目指します。

「日本財団在宅看護センター」
起業家育成事業
2020年度 7期生受講者募集中

Ⅱ 地域保健に関する助成

日本国内在住者を対象に、地域保健の推進を目的とした各助成事業を行っています。

助成スケジュール

横にスクロールできます→

2019年
11月 12月
WEB応募受付
2020年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
内示メール通知 4月1日
助成契約締結
中旬
助成金
振込
中旬
中間報告書締切
(研究助成のみ)

翌年2月中旬:最終報告書締締切(奨学金は3月)

翌年6月後半:助成者報告会

  1. HOME
  2. 地域保健