センターの運営状況について

We are sorry, this page has not been translated yet.

「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業

~日本財団在宅看護センターの活動状況~

日本財団在宅看護センターの特徴

  • 第一線で活躍する多方面の専門家・研究者から、多種多様な学問を伝授され、修了者は看護力に加え幅広い視野を持った起業家に変化します。
  • 修了後も研修や勉強会、修了者同士の意見交換を通じて、自己研鑽の機会があります。
  • ケアの必要な方・高齢者・障害者/児・難病者/児等とそのご家族の生活を支える為、24時間365日活動しています。
  • 災害時においてもネットワークの力を発揮できる体制を作っていきます。
日本財団 在宅看護センターの特徴

日本財団在宅看護センターとは

本事業の研修を受けた看護師が運営・管理する在宅看護センターです。
適切なフィジカルアセスメントを用いた全人的ケアで地域の人々の健康を看・護り、地域包括ケアのハブ的存在を担います。
また、全国に修了者によるネットワークを構築し、情報共有や情報発信を行っています。

このセンターの特徴は、地域の医療施設、診療所、開業医、その他介護・老健施設などと連携する他、薬局、給食、リハビリテーション施設との連携、さらに地域外の施設とも連携すると共に、地域住民の理解と協力のもと、独居住民や退院直後、容態不安定期の人々、看取りを必要とする人々のための在宅ホスピス機能も備えた体制を目指します。また、地域のニーズ・特色に合わせ、地域に根差した柔軟なセンターも目指します。

日本財団在宅看護センターとは

全国の日本財団在宅看護センター紹介

8ヶ月の研修を終えた修了生により、続々と全国にセンターが立ち上がり、
その一つ一つがユニークで各人ならではの運営を行っています。

image/svg+xml Japan Map
  1. HOME
  2. 地域保健
  3. センターの運営状況について