インフォメーションInformation

【留学】看護職人材を育成する海外奨学金制度を新設

これからの医療保健を支える
新たな看護職リーダー100名を育成
社会を変える!看護職人材を育成する海外留学奨学金制度-

日本財団(東京都港区、会長 笹川陽平)と笹川保健財団(東京都港区、会長 喜多悦子)は、これからの医療保健を支える新たな看護職リーダーとして、グローバルな視点とリーダーシップを持った看護職を育成支援するための海外留学奨学金制度を新設します。アメリカ・カナダの、公衆衛生学、疫学、保健政策、人口動態、生命科学・医療、看護学などの分野の世界ランキングトップ10大学における修士・博士課程進学者を対象とした奨学金年間最大1200万円を、10年間で計100名に対して給付する予定です。

「Sasakawa 看護フェロー」プログラム
選考を経てSasakawa 看護フェローと認定された者は、6ヶ月~3年間笹川保健財団が行うイベント等へ月に数回程度参加し、留学の準備を行います。留学後は授業料、寮費、保険料等の費用を年間1200万円を上限とし、 修士2年間、博士3年間まで支給します。

※下記、「Ⅲ.奨学金応募要件」以降は暫定計画です。ご了承ください。

Ⅰ.趣旨

実施背景

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、国境を越えたヒトの移動に伴い、瞬く間に世界中に広がり、日本の住民の健康が世界の人々のそれと繋がっていることを如実に感じさせました。感染症が容易に国境を越え国際化する時代、グローバルな連携は不可欠であり、医療・保健人材の国際化は急務です。
また、18世紀以来の科学の進歩と地球上の開発は、確かに、人類により良い健康、長い寿命をもたらし、貧困や非識字、飢餓の解消や多くの疾病対策を可能にしてきましたが、物質的に追い求めた繁栄は、今や、地球資源の荒廃と共に、格差、差別・偏見、異質なものの排斥といった物質的対応で解決困難な、新たな苦難を明確にしてきました。
資源配分と保健医療、社会的経済的サービス活用に際し、公平性と社会正義を擁護し、人々を敬い、思いやりと信頼性と高潔さを示すことを専門的価値とする看護職においては、単なる診療の補助以上の、保健専門家としての期待が高まっています。日本の看護力は世界的にも極めてきめ細やかで技術的は優れたものですが、激変する社会の中で、新たなスキル・マインドセットを持ったリーダーとなれる人材の育成が必要です。こうした問題意識のもと、本事業は、これからの医療保健を支える新たな看護職リーダーとして、グローバルな視点とリーダーシップを持った看護職を育成するものです。

目指す人材

海外での大学院教育を受けた看護職は大学院修了後、次のような能力をもつ人材として期待されます。尚、医療保健の改善に向けた活動は、大学院での専攻学問領域や研究成果により特徴があることを期待します。
・医療保健の実践の場の課題をグローバルな視点で捉え、多職種と共働しながら課題解決に向けてリーダーシップを発揮する
・実践の場の改善や政策提言に繋がる科学的エビデンスを作る研究を独立してできる
・研究成果としてのエビデンスを批判的に吟味し、エビデンスに基づく政策提言ができる
・地域の医療・保健の状況を公衆衛生の専門的知識と看護の知識を統合し、現状の改善に向けた活動のリーダーシップをとる

Ⅱ.奨学金支援概要

1.年間1200万円を上限とし、授業料、寮費、保険料、渡航費(1往復分)を修士2年間、博士3年間支給

2.月額10万円程度の現地での交通費・研究支援費を支援

※返済不要

Ⅲ.奨学金応募要件

1.Sasakawa 看護フェローとして6ヶ月以上在籍し修了が認められること※Sasakawa 看護フェロー応募要件は下記

2. TOEFL iBT90又はIELTS6.5以上 (TOEFL Best score不可/IELTSジェネラル不可)
3.アメリカ・カナダのおおむねトップ10に入る大学の公衆衛生、生命科学・医療、疫学、保健政策、人口動態、看護学等に関する学部へ進学 ※奨学金の支給は、大学からの入学許可証の写しの提出をもって決定する

検討中の学部と大学一覧(暫定)※世界大学ランキングはQS World University Rankings, SHANGHAI RANKING等の最新データに準ずる

Ⅳ.Sasakawa看護フェロー応募要件・審査方法

1.TOEFL iBT80又はIELTS6.0以上 ※直近2年間有効
2.日本の看護師免許取得済
3.履歴書・小論文(日・英)審査
4.国内外の審査員による面接等の審査

Ⅴ.Sasakawa看護フェロー所属要件

1.国内外専門家との意見交換会(英語含む)への参加
2.財団指定の国内外会議・学会に参加し英文レポートを提出
※月1回程度、基本的にはオンラインにて参加可能。旅費交通費等が発生する場合は財団にて負担

Ⅵ.Sasakawa看護フェロー終了事由

1.Ⅴの所属要件を満たせないとき
2.Sasakawa看護フェロー認定日から3年を超えたとき
3.財団が実施する審査委員面談の評価不良

Ⅶ.Sasakawa看護フェロー申請方法

▼第2回 Sasakawa 看護フェロー 申請【応募締切:2021年12月17日】

Sasakawa 看護フェロー 応募申請

定期的に説明会を実施しています。下記フォームよりメールアドレスをご登録頂きますと、説明会や次回以降の応募開始のご案内をさせて頂きます。

https://forms.gle/HiV32NTjhWSiVqx3A

Ⅷ.よくあるご質問

要件・選考審査について

・病院勤務経験は必要ですか?

➡必須ではありませんが、病院勤務経験がある方が望ましいです

・年齢制限はありますか?

➡ありません

・Sasakawa 看護フェローになるにあたり所属病院・団体からの承認が必要ですか?

➡不要です

・日本の大学院を修了した場合でも応募が可能でしょうか?

➡可能です

・フェローは毎年募集しますか?

➡少なくとも年に3回程度募集致します。募集時期は随時HPよりご案内いたしますので、定期的にご確認ください

・現在、海外に長期滞在中ですが、申請は可能でしょうか?

➡可能です

・海外の看護師免許でも申請はできますか

➡不可です。日本の看護師免許に限り申請が可能です

・すでに留学が決まっていますが、この場合も応募条件に該当しますか?

➡アメリカ・カナダのTOP10大学への留学が決まっている場合は可能です

・イギリス・オーストラリア等、カナダ・アメリカ以外の留学は対象外ですか?

➡今のところ、対象外です

・海外の大学を卒業していますが、IELTSやTOEFLの点数の提出は必要ですか?

➡必要です

フェロー活動について

・看護師として勤務しながらフェローになることは可能ですか?具体的なフェロー活動を教えてください

➡月に数回程度のオンラインイベントや講義に数時間ご参加頂き報告書(英語)をご提出いただきます。イベントの他に、審査委員との面談も数ヶ月ごとに実施いたします。これらの活動・面談を実施しながら留学先の大学を決定していただきます。働きながら活動ができるように、できるだけ早めにイベント情報をご連絡致します。

・留学中にフェローとして行うことはありますか?

➡中間報告を年に最低2回程ご提出いただきます

支援内容

・「修士2年間、博士3年間支給」との事ですが、最大合計5年間ということでしょうか?

➡修士課程修了後に博士課程に継続進学する場合は、再度審査委員との面談・面接をしていただき、認められた方に限り5年間支給されます

・配偶者同伴で渡米する場合、生活費の支給は留学している学生本人だけですか?

➡学生本人が対象となります

・コロナ以降オンラインで開講している大学院も増えていますが、その場合も支援対象になりますか?

➡オンラインも支援対象となりますが、居住地によっては月額の生活費支援の金額は変動します

・今回の支援対象は必ず看護学部でなくてはいけませんか?

➡看護学部である必要はありません。むしろ看護の目を持って別の分野を学んできて頂きたいと考えます

Ⅸ.説明会について

定期的に説明会を実施しています。

下記フォームよりメールアドレスをご登録頂きますと、説明会参加用URLや次回以降の応募開始のご案内をさせて頂きます。

https://forms.gle/HiV32NTjhWSiVqx3A

■開催予定日

・12月08日(水)17時~

お問合せ先:community_health@shf.or.jp(担当:山﨑)