インフォメーションInformation

グローバル・アピール2022賛同団体募集 ~世界のフィランソロピー財団と共に~

ショートムービー「ハンセン病に対する偏見と差別をなくすためのグローバル・アピール2022 」

動画は、字幕言語を選択いただけます。再生後、画面右下の「設定」をクリック、さらに「字幕」をクリックして、言語をお選びください。

笹川ハンセン病イニシアチブ*が2006年より毎年1月の「世界ハンセン病の日」にあわせ、 ハンセン病差別撤廃を訴える「グローバル・アピール」。これまで世界医師会、列国議会同盟、国際法曹協会、国際パラリンピック委員会、国際労働組合総連合をはじめ、宗教、大学、ビジネス、人権などさまざまな分野のリーダーからの賛同を得て開催してきました。

2010年には世界のビジネスリーダーと共同でメッセージを発信

第17回目となる2022年は、世界でフィランソロピー活動を実践する財団と共に、歴史上多くの差別と直面し続け、コロナ禍においてさらに厳しい状況におかれているハンセン病当事者への差別撤廃を呼びかけ、メッセージを広めます。

上記にご賛同いただける財団は、下記メールアドレスまでご連絡ください。宣言文に賛同団体としてお名前を掲載させていただき、2022年1月末に連名で発信いたします。

なお、本件へご賛同いただくにあたり、資金的なご負担等は一切ございません。

フィランソロピー精神に則り、この歴史的な病気に対する差別をなくすために共に声をあげましょう。多くの財団からのご賛同をお待ちしています。

ご賛同を希望される団体は、詳細を下記メールでお問い合わせいただくか、グーグルフォームよりお申込みください。

sasakawa_ga2022@shf.or.jp
お申込みグーグルフォーム

賛同団体募集のご案内(PDF)

ご参考:
グローバル・アピールについて(日本財団)
グローバル・アピール2006-2020過去宣言文まとめ(英語)

*笹川ハンセン病イニシアチブは、笹川保健財団、WHOハンセン病制圧大使、日本財団による戦略程なパートナーシップです。