インフォメーションInformation

【動画公開中】ウェビナーシリーズ #2(2021/9/29) : 人権問題としてのハンセン病

WHOハンセン病制圧大使就任20周年記念 Don’t Forget Leprosy ウェビナーシリーズ#2 : 人権問題としてのハンセン病

ハンセン病は医療問題であると同時に、ハンセン病にまつわる偏見や差別などの社会問題でもあります。今回のウェビナーでは、人権問題としてのハンセン病に長年取り組んでいるモーハン*をお招きし、ブラジルでのさまざまな活動についてお話を伺います。WHOハンセン病制圧大使の笹川陽平氏は、ハンセン病を人権問題として認識することの重要性を強調し、国際社会に訴え続けています。笹川氏とのQ&Aセッションにおける質問は、事前に皆様から受け付けしたものへのお答えいたします。

* モーハン(Morhan)は、「Movimento de Reintegração das Pessoas Atingidas pela Hanseníase / Movement for the Reintegração das Pessoas Atingidas pela Hanseníase / Movement for the Reintegration of People Affected by Leprosy」の略称です。

◼︎ 日付 20219月29日(水)

時間 08:00-09:30 BRT (GMT-3)

所要時間 85分

言語 英語

プログラム

  1. 特別ゲストからのメッセージ  (00:00-00:05)
    アリス・クルス氏(ハンセン病患者・回復者とその家族に対する差別の撤廃に関する国連特別報告者)
  2. パートナーからのメッセージ (00:05-00:10)
    ファウスティーノ・ピント氏(モーハン 副ナショナルコーディネーター)
  3. WHO制圧大使20周年記念ビデオ (00:10-00:20)
  4. ミス・ワールド&ミス・ユニバース・ブラジルとのトークセッション (00:20-00:45)
    ・ファシリテーター: アルトゥール・クストディオ氏(モーハン ナショナルコーディネーター)
    ・カロリーヌ・テイシェイラ氏(ミス・ワールド・ブラジル2021)
    ・ジュリア・ガマ氏(ミス・ユニバース・ブラジル2020)
    ・笹川陽平氏(WHOハンセン病制圧大使)
  5. WHOハンセン病制圧大使とのQ&Aセッション (00:45-01:15)
  6. キャンペーン“Don’t Forget Leprosy”に参加するには?(01:15-01:20)
    南里隆宏(笹川保健財団 常務理事)
  7. キャンペーンソングの紹介 ジュリー・オリバーさん作曲の「ハンセン病を忘れないで/Não esqueça da hanseníase」(01:20~01:25)
    ファウスティーノ・ピント氏(モーハン)