インフォメーションInformation

【起業家看護師】雑誌掲載続々!続編

看護師の中には、専門看護師・認定看護師・認定看護管理者という特別な資格を保有する方がいます。その専門性を活かし、各地で活躍する在宅看護センター管理者やスタッフも多数おり、学会・雑誌での発信も積極的に行っています。その一部をご紹介します!


片岡 今日子氏
透析看護認定看護師/(株)在宅看護センターひまわり代表取締役)

透析ケア2021年12月号
▶特集◀介護現場のホンネからヒントを探る 透析室と介護の連携
<患者の日常生活をサポート・ケアする職種に聞く!>訪問看護師からみた連携の現状

病院・透析室に関する記事がほとんどだった専門誌ですが、「地域」「在宅」に目を向けられた画期的な特集。透析室看護師から在宅スタッフへ伝えたいこともまとめられています。


田中和子氏

老人看護専門看護師/(株)在宅看護センターくるみ代表取締役)

コミュニティケア2021年12月号
▶第1特集◀「徘徊」「暴言」「暴力」は禁止用語です
<解説>本人の体験や意思を想像することでケアは変化する

これまで勤務してきた事業所での利用者とのエピソードを交えながら看護師に求められる認知症高齢者へのケアのあり方についてまとめられています。


専門看護師・認定看護師・認定看護管理者については、以下および日本看護協会HPをご参照ください。

専門看護師

水準の高い看護効率よく行うための技術と知識を深め、卓越した看護を実践できると認められた看護師です。複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた専門看護師を社会に送り出すことにより、保健医療福祉の発展に貢献し併せて看護学の向上をはかることを目的としています。「専門看護分野」ごとに日本看護協会が認定しています。

<専門看護分野>
がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護、感染症看護、家族支援、在宅看護、遺伝看護、災害看護

認定看護師

高度化し専門分化が進む医療の現場において、水準の高い看護を実践できると認められた看護師です。患者・家族によりよい看護を提供できるよう、認定看護分野ごとの専門性を発揮しながら認定看護師の 3つの役割「実践・指導・相談」を果たして、看護の質の向上に努めています。「認定看護分野」ごとに日本看護協会が認定しています。

<認定看護分野>
救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護

認定看護管理者

病院や介護老人保健施設などの管理者として必要な知識を持ち、患者・家族や地域住民に対して質の高いサービスを提供できるよう組織を改革し、発展させることができる能力を有すると認められた看護師です。
認定看護管理者の資格は、日本看護協会が認定しています。


病気や障害があっても、誰もが安全かつ安心して在宅・地域での生活が継続できる社会の為に、専門的な技術と知識を持って地域で活躍する看護師が多数います。ぜひ地域で奮闘する看護師の今後の活躍にご注目ください!