トピックス Topics

We are sorry, this page has not been translated yet.

【10月30日開催】ハンセン病ウェビナー1:コロナ禍のハンセン病当事者団体支援とその意義

⇦ウェビナーシリーズ一覧ページへ

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、各国で行われていたハンセン 病に関わる様々な取り組みが一時的に縮小、中止を余儀なくされています。笹川保健財団では、このように社会が大きく変化するなかにあっても、ハンセン病問題が忘れ去られることがないよう、その重要性を広く発信べくハンセン病に関するウェビナーをシリーズで開催いたします。

シリーズ初のウェビナーは、「コロナ禍のハンセン病当事者団体支援とその意義」と題して、2020年10月30日16:00-17:30に実施されました。

以下より、アーカイブ映像がご覧になれます。(英語)

ネパール発表映像 (ウェビナー当日のテクニカルトラブルのため、後日録画の映像)

Theme:
Schemes to support organizations of persons affected by leprosy during the coronavirus pandemic and their significance

Moderator:
Prof. Takahiro Nanri, Executive Director, Sasakawa Health Foundation

Program:
1. Keynote Speech
Mr. Yohei Sasakawa, WHO Goodwill Ambassador for Leprosy Elimination

2. Present Situation Faced by Persons Affected by Leprosy
Dr. Alice Cruz, UN Special Rapporteur on the elimination of discrimination against persons affected by leprosy and their family members

3. Schemes to support organizations of persons affected by leprosy
Prof. Takahiro Nanri, Executive Director, Sasakawa Health Foundation

4. Presentation of three pilot projects
-Representative of PerMaTa South Sulawesi (Indonesia)
-Representative of Bogra Federation (Bangladesh)
-Representative of Self-Help Groups (Nepal)

5. Q&A

 

 

 

  1. HOME
  2. インフォメーション
  3. 【10月30日開催】ハンセン病ウェビナー1:コロナ禍のハンセン病当事者団体支援とその意義