インフォメーションInformation

終了しました【オンラインセミナー】スピリチュアルケア~ウィズコロナ時代に向けた心構え 11/21(日)16:00~17:30

【終了しました】アーカイブはこちらから:https://www.shf.or.jp/information/15046

下記リンク先より、お名前・メールアドレスをご登録後、自動返信メールに記載のURLよりご参加いただけます。メールが届かない場合、メールアドレス誤入力の可能性があります。恐れ入りますが、再度ご登録ください。当日でもお申込み可能です。

スピリチュアルケアに関するオンラインセミナー開催が決定いたしました。
奮ってご参加ください。

■タイトル: スピリチュアルケア~ウィズコロナ時代に向けた心構え
■ゲストスピーカー:西 智弘先生(川崎市立井田病院 化学療法センター医長)
■開催日時:11/21(日) 16:00~17:30 ※15:50より入室可
■開催方法:Zoom ウェビナー
■対象: 看護師(特に在宅/訪問看護師)、看護学生、医師、介護関係者他
■定員:先着1000名
■参加費:無料
■申込み:https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_YTZFF0JdS1WdW2QULhAQiA

がんなどの大きな病気にかかった方が体験する苦痛は、大きく分けて4つあると言われています。
それは、身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛、そしてスピリチュアルな苦痛です。

「自分はもう生きている価値が無い」「未来への希望が感じられない」といったスピリチュアルな苦痛は、緩和ケアの専門家にとってもケアすることが難しく、これまで現場でも試行錯誤が続けられてきました。

その中で、大きな役割を占めてきた「家族」の存在が、コロナ禍による面会制限で排除され、看護師たちに大きな負担を強いました。

これからの時代、つながりが希薄になる中で緩和ケアができることは何か、について考えていきます。