会長ブログChairman Blog

20180の記事

やっと念願かないました!!

2013年に笹川記念保健協力財団に参りました後、念願のモーターボートに乗せて頂いたのは、その年の8月でした。詳細はこちら 実のところ、ホントに、ホントに、怖かった・・のですが、「70才を超えたオンナでは、いない!!」とモ […]

さよなら2018 年末のご挨拶。

あっという間に、今年もおしまいになった、と先が短い年になると実感します。   本年のご交誼、ご指導、ご協力、そしてご叱正も、ありがとうございました。   来る年も、何卒、いっそうのご協力、ご鞭撻を願い […]

年末おすすめ2冊の本

最近、著者からご恵贈頂いた2冊の本、ともに、判りやすい文章なので、簡単に読めるのですが、内容をキチンと読めたというには、ちょっと時間がかかりました。   1冊目の題名は『生きる。』です。が、その上に「息子ととも […]

「看護師が社会を変える」笹川記念保健協力財団 看護研修 in 福岡

2018年11月30日と12月1日、私どもは、以前の日本財団ホスピスナースネットワーク研修を発展させた笹川記念保健協力財団看護研修の地方開催を、今年は福岡で開催しました。研修会詳細はこちら 超豪華にして稀有な組み合わせの […]

結婚式!!

久しぶりの海外出張からの帰国日が、かつての職場日本赤十字九州国際看護大学の卒業生の結婚式と重なることが判明しました。公務ですから、出張はやめられません、けど、卒業後も交流しつづけてくれている若い仲間の晴れの日をパスするこ […]

「ネコ」の狂「犬」病

私ども、笹川記念保健協力財団は、1986年4月に発生したチェルノブイリ原発事故(現ウクライナ)に対し、膨大な医療的かつ人道的支援を行いました。現在も、放射能の影響で発生した甲状腺がんの資料を管理し、世界の研究者が活用でき […]

まぶしい在宅看護の仲間たち ~訪問看護サミット 2018から~

2018年11月11日、「ともに支えあう地域づくりへのチャレンジ」をサブタイトルとする『訪問看護サミット2018』が開催されました。 私ども笹川記念保健協力財団が実施する「日本財団在宅看護センター起業家育成事業」のテーマ […]

各地の在宅の仲間

少しさわやかな季節になりましたが、朝夕の涼しさ、肌寒さに比べると、日中は、けっこう暑いですね。でも、今年の酷暑を思えば、随分楽になりました。   さて、先週末、所用で福岡市にまいりました。時同じくして、開催され […]

地域における看護の役割-第77回日本公衆衛生学会シンポジウムから

先週、福島県郡山市で、第77回日本公衆衛生学会が開催されました。福島県・・・東北大震災時の東京電力福島第一発電所の事故による、放射線災害の地です。学会場になった通称「ビッグパレットふくしま」は、1998年10月に開館し、 […]

日本のお詫びは、ややこしいアートだそうです。 BBCの記事から

少し前ですが、8月の初めのBBC(英国放送協会 British Broadcast Company)のネット情報で、面白い記事をみました。(BBC 20180806) タイトルは、日本の「お詫び」はややこしいアートである […]